CarGoodsZERO(ゼロ)長野店の新着情報。カーオーディオの取り付け、カスタマイズなど車のことならお任せください。

新着情報 News&Topics

RSS
HOME ≫ 新着情報 News&Topics
スズキ スイフト スポーツ ZC33S 新車 オーディオシステムの取り付け
2019/03/02
しばらくお預かりをして新車のスイフト スポーツ ZC33Sの
オーディオシステムの取り付けをして行きます。
納車前のクルマです。オプションパーツもまだ途中ですので
店舗の休みにオプションパーツを付けて頂こうと予定しています。
以前のクルマから外したスピーカーとパワードウーファーを付け
DIATONE SOUND.NAVIの内蔵アンプでスピーカー
を鳴らし、デッドニングはロシア製STPを使います。
作業しやすいように内張り等を外し、保護テープでボディーに
傷が付かないように養生して行きます。

詳細はこちらをご覧ください
スバル フォレスター デッドニングの手直し
2019/02/28
フォレスターのKICKER スピーカー KSS6704の
取り替えは終わり、位相テスターを使ってスピーカーの+と−の
確認も終わりましたので、ドアのインナー側の小さな穴を塞ぎ
専用工具を使って制振材を圧着させました。
後はアルパインのプロセッサーのPXA-H800の
タイムアライメントやクロスオーバーの設定をします。

詳細はこちらをご覧ください
スバル フォレスター KICKER スピーカー KSS6704の取り付け
2019/02/26
フォレスターのスピーカーの取り替えをしていますが、スピーカーの
ネットワークはドアのウーファーとパワーアンプの間に割り込ませて
いましたが、ネットワークのインプット側の接続で+と−端子側の
接続が間違っていて位相が逆でした。
KSS6704のネットワークは大きく、同じ場所に収めないと
スピーカーケーブルを半田などで延長しなくてはなりません。
音質的にも良くないのでネットワークはキックボードとフロアの間に
何とか収めました。次はドアのインナー側の小さな穴を塞ぎ
専用工具を使って制振材を圧着させます。

詳細はこちらをご覧ください
スバル フォレスター KICKER スピーカー KSS6704の取り付け
2019/02/25
このフォレスターはオーディオ専門店でデッドニングやオーディオ
を組んで頂いたそうです。お客さんも観ている場でドアの内張りを
外し、スピーカーのネットワークを取り出しました。
デッドニングはオーディオテクニカの部材と日東電工の
レジェトレックスの2種類の部材を使って施工をしています。
他の店の考えがあるのでしょうから・・・。でも出来ることなら
部材を統一するのが良いのでは?そして制振材を専用工具で圧着
してなく、浮いている箇所があり、小さな穴がふさがっていません。
そしてネットワークはドアのウーファーとパワーアンプの間に
割り込ませています。カロッツェリアのTS-C1730の
ネットワークはツィーターとウーファーを分けていて、それぞれに
配線をしますが、ツィーターは配線をしていますがウーファーは
配線をしていなく、テーピングしていました。
ウーファーは約40Hzから約3,000Hzまで、ツィーターは
約3,000Hz以上20,000Hzまでをネットワークで設定
しています。でもこの状態では3,000Hz以上でもなる
フルレンジスピーカーのようです。不思議です。

詳細はこちらをご覧ください
トヨタ ノア DIATONE SOUND.NAVIのサウンド調整
2019/02/24
ノアのデッドニング施工とJL AUDIOのスピーカー
取り付け、そしてパワードウーファーの取り付けも終わり
DIATONE SOUND.NAVIのMZ80 PREMI
の初期設定画面でシステムの構築をしてタイムアライメントや
クロスオーバー等のサウンド調整をします。
タイムアライメントはスピーカーまでの距離を測り、そして
EMMAのCDを使って距離を補正しています。

詳細はこちらをご覧ください
BACKNEXT

PAGE TOP

取り扱いメーカー

成功するホームページ制作はこちら